Illustratorで「スクリーン用に書き出し」時にきれいに書き出しできない

この記事は1年以上前に投稿された記事です。情報が古い可能性があります。

「web用に書き出し」だとキレイなのに「スクリーン用に書き出し」だと解像度低かったり白い線が入る怪現象の実態。

Illustrator CC 2017くらいから書き出し項目に「スクリーン用に書き出し」というのが追加され、たくさんのアートボードの素材を拡大率かえて書き出したい時などに重宝しています。
が、CC 2017以前で使っていた「web用に書き出し」とちょっと違うので怪現象を起こしがち。

現象1 4辺に数pxの余白がつく
→断ち落とし設定を0pxに

現象2 どこか1辺に1pxの余白がつく
→アートボードを再配置する
アートボードのXY座標位置に小数点以下の端数があると、アートボードの大きさは整数で指定していても1pxの余白がついてしまう。

現象3 ピクセル数は十分あるのに書き出された画像が粗い
→ 歯車マークから形式の詳細設定ウィンドウを開き、「アンチエイリアス」の項目を替えてみる。たいていは「文字に最適」→「アートに最適」に変更すると粗くなくなる。

現象4 複数サイズで書き出し時に一部だけ白い横線が入る
→ ①イラレで作ったパターンを配置した画像を書き出す場合 と、②psdなどを配置したものを書き出す場合 にこの現象が起こる。
①の場合
書き出し時の設定やパターンを「分割・拡張」すると良いらしい。
以下の記事で詳しく説明されています。

Illustratorでパターン作成時に白い線が入る場合の解決方法


②の場合
配置データを「埋め込み」すると改善。