親知らずを抜いた

人生初の抜歯体験記。左上の親知らずを一本。

22歳の時に虫歯治療でレントゲン撮影して親知らずの存在発見。
痛みも腫れもなく歯茎に完全に埋まっていたのでその時は抜くことを考えず。

25歳頃から左上の親知らずの頭が出てきていることが発覚。
斜めに生えていることもあり少しずつ気になる存在に。
この頃から時々感じる頭痛を親知らず起因かもしれないと思うようになる。

その2年後、通っていた歯医者に「すぐ抜く必要はないけど結婚する前に抜くと安心」と言われ、信頼できる先生だったので結婚のタイミングで抜歯をお願いすることに。

決心後、ネットで抜歯体験エピソードを漁る。
だいぶ恐怖感が増す内容が多かった。

術前
– 体調を整える:風邪や疲れや睡眠不足の状態は危険
– 満月の日の手術は避ける:生理周期とかそういう
– リップクリームを厚めに塗る:口を大きくあける時間が長いので乾燥防止に

術後
– 麻酔であんまりちゃんと口がしまらなくなるので、マスクをする。
– 翌日顔がはれるので、冷えピタをすぐはって冷やす。
– 麻酔が切れたら痛むので、痛み止めはもらったらすぐに飲む。
– 細かい粒状のものなどは、歯を抜いたあとの穴につまったりしやすいので注意
– 寝てる間に血がたれるかもしれないので、まくらの上にはタオル
– 抜いたほうを上にして寝る

これらを参考にいざ抜歯。


抜歯後体験談
– 麻酔後5分もかからず抜歯終了
– 抜く時の擬音はメリメリっていうよりチリチリ(大きくあくびした時や背伸びしたに時々聞こえるやつ)
– 術後2時間後にちょっとズキズキ
– 痛み止めはロキソプロフェンNa錠60mg「サワイ」を2回分もらう
– 痛み止め飲まなくても大丈夫そうな痛みだったけど一応飲んだ
– 大きなくしゃみをしないように注意された
– 大きなあくびと笑顔(口角あげる動き)になると痛み&抜いた穴から血が出る感覚
– 血はほとんどでない、口内炎がつぶれた程度
– 腫れもなし
– 歯肉切開しなかったからか縫合なし

全体的にあっけない抜歯でした(1時間格闘する大工事とかいう体験エピソード読んでたので)。
抜歯後一週間は抜いた穴やそのまわりに食べかすがたまってる感覚。特にひき肉が挟まりやすい気がする。無理にとらず軽く口をゆすぐと良いらしいのでそうした。

まとめ

定期的に歯科検診に行きましょう。