自家製ニンニクラー油を作った(ちょっと失敗)

フライドニンニクがたくさん入っている自家製ラー油を作ったけどちょっと失敗した備忘録。

材料

  • カイエンペッパー(粉)8g
  • シナモン(粉)1g
  • カルダモン(粉)1g
  • 八角 1片
  • ショウガ 1片
  • ニンニク 小さめの2玉
  • ゴマ油 300g(多分)
  • サラダ油 50g(多分)

分量はお好みで調整してください。自家製の醍醐味は材料の配分を自分好みにできること。

ショウガとニンニクを切る

切ったニンニク(ショウガは撮るの忘れてた)

ショウガは香り付けのためだけなので、あとで取る前提で適当に切る。ニンニクはフライドにんにく的になる前提のサイズで切る。火の通りを均一にするため、できるだけ同じ厚さになるように切る。

ショウガを揚げる

ゴマ油+サラダ油を鍋に入れ、切ったショウガを低温で揚げる。だいたい120℃くらい(小さめの泡がたつ程度)。焦がしたら失敗。

ショウガを取り出す

ショウガが浮いてきたら取り出す。取り出したショウガはお好みでショウガチップスとして食べたり、料理に使ったりしても良い。一旦火を消す。

ニンニクを揚げる

ショウガの香りのついた油に切ったニンニクを入れる。火は消しておく(火がついたままだと温度あがりすぎですぐ焦げる&はねて危ない)。油がはねてやけどしやすいので気をつける。

150℃前後をキープしつつニンニクを揚げていく。全体が均一に揚がるように時々菜箸でまぜる。

ニンニクがきつね色になり、油が120℃を下回ったらスパイスたちをいれる

スパイスたち

だいたい15分くらいたったらニンニクがきつね色になる(時間は目安。その日の気温や部屋の温度、コンロの性能で変わるので注意)。焦がしたら失敗

……ここで悪魔の囁き。「熱いうちにスパイス入れて揚げて香りだそうよ!」。油の温度を測り、150℃を下回ったのでもういいかな?とスパイス(カイエンペッパー、シナモン、カルダモン、八角)を入れたのが今回の失敗ポイント。そのせいで焦げた苦い味が全体に広がってしまいました。

120℃を下回ってから入れたほうが無難かも。今回使ったのは粉だったのですが、もしホールで使うなら、150℃でも良いのかも(要検討)。

この色は揚げすぎの色

油の粗熱がとれたら空きビン等に入れる。だいたい1ヶ月くらいで使い切るようにする(賞味期限は自己責任で)。

反省点

  • ニンニク揚げすぎた
  • スパイス入れる時の油の温度が高すぎた
  • 油の量もうちょっと多めで良かったかも

おわりに

リベンジしたい。

八角の跡がかわいかった